「たま」と「しい」ー本来のわたしに

 

 

陸地から風が吹き

海から風が吹く

 

そして、その両方の

風が押し合う時

まるで無風の状態になる

それを「凪」というんだそう。

 

 

それはまるで

 

手を合わせて祈る時

右の手と左の手が押し合って

静寂の祈りの時があるように

 

 

それは

静かだけど

確かに

強く両極の想いの力が

込められている瞬間

 

そのどちらかの力が飽和して

はじけた時

そこに波が生まれる。

 

その波が現実を動かしていく。

 

スピリチュアルな話ではなくって

この世界は確かに

目に見える現実世界が先にあるのではなく

 

 

潜象世界(意識の世界)の影が

現実世界となり

目に見えるものとして現れている。 

 

もう、宗教だって

科学だって

その真理を解き明かしている。 

 

強い意志が

飽和した時

この現実世界として現れる

 

 

 

意識として自覚があるないに関わらず

わたし達の内側の影は

この目に見えるとして現実に

その奥底の箱の中に自分が

「今」ここに反映されている。

 

 

 

プラトンの洞窟の比喩のように

そこが人生の全てだと思いこんでる👇

本当の人生を創造するために

 

 

 

へそ道の入江富美子さんに

こんなことを教えてもらった。 

 

(あんまりきれいじゃなくってごめんね)

 

魂(たましい)とは

「たま」と「しい」であり

わたし達は

この世界に

「しい」を体験しにきていると 

 

 

それは

楽しい

苦しい

悲しい

うれしい

美味しい

美しい 

 

など、様々な感情

 

だから「たま」の周りに

沢山の「しい」を付けて

過ごしている。 

 

でも

わたし達の

本来の姿は「たま」であって

「しい」ではない。 

 

真ん中にある「たま」は御霊のこと。

 

「たま」の周りについた

「しい」はまるで埃のようなもの

 

体験したらありがたく

祓いのければいい。

 

なのに

わたし達は

その「しい」を

本来の自分そのものだと

勘違いしていたり 

 

どっぷりとつかって

その「しい」の中から抜け出せないで

囚われもがいている。

 

しかも

あまりに

周りに

おびただしい数の

「しい」をつけて

コレクションしているもんだから

 

もはや

「たま」がどこにあるかも分からない。

 

 

 

シンプルに

「たま」に戻れば

そのシンプルかつ美しい影として

軽やかな現実が

映し出されていく。

 

 

だからさ、

その周りにこびりついている

「しい」は

わたしそのものではないと知り 

 

それを 

1個1個祓いのけていけばいいと思うの。 

 

ワンワンと泣いてもいいし

どんな形でもいい

 

体験できたことへの感謝とともに

空に還せば

本来の「たま」へと近づいていく。 

 

来ては去っていく出来事や

そこに伴う感情は

わたし達の「たま」に決して影響を

与えることなどできないのだから。 

 

入江富美子さんの書籍はこちら↓

 

 

静かな「凪」に

本来のわたしの想いや願いをのせて

その想いを飽和させ波を起こしていきたい。 

 

 

わたしは

そんなわたし達の本当の

「たま」御霊に触れたいから

生きている。 

 

わたし達がシンプルになればなるほどに

世界はシンプルに 

わたし達が本来の姿に戻れば

戻るほど

世界もその姿を見せてくれる。 

 

人生って

なんて面白いゲームなんだって思うよ。 

 

シンプルに

軽やかに生きるために

おびただしい

「しい」を

手放していこう。

 

 

 

 

みんな、もっと泣ければいいのに

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ポチリと応援お願いいたします♡】


自己啓発ランキング

 

 

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

 

 

 

 

スポンサーリンク

みんな、もっと泣ければいいのに

現実を変える唯一の方法

関連記事

  1. 約束の場所で会いましょう

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  2. 心配事は9割起こらない

    はじめに あなたには心配…

  3. 内に引き受ける

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  4. 全ての中心は自分の意識

    こんにちは、アメナルミチの武島綾子です。…

  5. 般若心経と量子力学が示す「無」の世界

    はじめに量子力学は原子や…

  6. 時間は幻想

    はじめに&n…

  7. 岸を離れる日

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  8. 動かなければ変わらない

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP