わたしのつぶやき

 

 

 

ずっと長い間 

「わたしとは何か」と問い続けてきた。 

 

 

幼いころは 

大人たちに押さえつけられながら

自分はこんなもんじゃないと

閉じ込められたわたしが

爆発しそうになったこともあった。 

 

裸足で家を飛び出したあの時の感覚 

 

ひとりぼっちの階段で 

いっぱい泣いたあの時のこと

 

あの時の緑の絨毯とその感触 

あまりに鮮明に

よみがえってくる。 

 

 

自分の無力さに

うちのめされたこともあった。 

 

はめをはずして得意気になったこともあった。 

 

完璧は母や完璧な妻を目指し、追い求めたこともあった。 

 

自分で、色々なことを仕掛けては

「わたしがやらなければ」と

使命観に燃えていたこともあった。  

 

周りの人に賞賛されても

いつまでもできない自分を

責め続けていたこともあった。 

 

認めてほしい、分かってほしいと

泣き続けたこともあった。 

 

何かを仕掛ける度に

後悔するほどに

死にそうに怖い気持ちと戦っていた時もあった。 

 

人が去っていく度に 

わたしに背中を向ける度に 

寂しくてやるせない気持ちになった。 

 

でも、どこかで、いつも勇気をもって

自分の気持ちに正直に色々なことに

挑んでいくわたしに

いつも誇りを持っていた。

 

  

 

 

そんなことを考えながら 

少し離れて

その時々のわたしを眺めてみたら 

愛を持って厳しくする祖父母や両親の

本当の真心が伝わってくる。

 

はちゃめちゃで、激しく反抗する孫をこどもを

見守る気持ちはどれほどのものだっただろう。 

 

そちら側に立ってみれば 

わたしより遥かに痛く 

苦しい思いをしていたに違いない。

 

 

そして、いつも、どんな時も

そばにいてくれた家族や友人の想いが 

痛いほどに伝わってくる。 

 

あんなにまで、助けてもらい

支えてもらい力をもらってきた。

 

改めて、 

わたしがここまでこれたのは 

本当にたくさんの愛に恵まれたおかげだったんだと。 

 

 

 

そして、

 

ああ、 

わたし、本当に生きてきたんだな。

 

ああ、本当にわたし、 

よくやってだな 

 

いつも一生懸命だったわたしの姿も見える。

 

 

 

周りの意見や

常識を超えて

常に自分に正直に思うまま、感じるまま

本当によくやってきたよと。

 

 

そんな色々な気持ちを

味わせてくれた

わたしの数々の体験が 

今、わたしの中で 

何か新しい何を生み出そうとしている。 

 

やっぱり、どこまで行っても 

この生命を 

生かし尽くしたい 

それがわたしの想いであり、 

 

もはや、それ以外に

興味もないことに気付き 

たった一点に 

焦点が絞られるようになった「今」

 

 

「おまえはまだまだだ」と 

「おまえは何も残していない」と 

「おもえは何者でもない」と 

 

 

いつまでも

いつまでも

どこかで自分を責めているわたしとも

そろそろお別れして 

 

わたしの周りで

いつもいつも支えてくれた

全ての存在に感謝するのと

同じくらいわたし自身に感謝したいと思う。 

 

まず、そこから始めなくちゃね。 

 

今日は個人的なつぶやきでした。 

 

生命をますます輝かせて生きていきたいと思う。

 

もう、この生命は 

「今」この時しかないのだと 

改めて思うから。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

悩みを解決するには

時間は幻想

関連記事

  1. 人生が変わるストレスを味方にする方法

    はじめにストレスは体にも精神にも…

  2. 何を描きたいかは、描いてみないとわからない。

    はじめに ピ…

  3. 凸と凹がはまる場所

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  4. 死を意識すると人生がかわる

    はじめに  わたし達に共通していることと言え…

  5. 毎日お掃除

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。梅…

  6. 古代の智慧と最新科学 この時代を生きるコツとは!…

    はじめにわたしが小さな時…

  7. コロナを人類の福とするために

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  8. そのものとして

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。久…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP