人生の最大のリスクとは!?

みなさま、こんばんは。

人生の可能性を形にする

武島綾子です。

 

詳しいprofileはこちら

プロフィール

 

人生の最大のリスクとは!?

自分自身の人生を謳歌している人達は

バカか、天才かってよく言われるけど

バカと天才は紙一重

 

共通しているのは

リスクを恐れない瞬発力

 

ノーリスクな人生を送るため、無難な人生を歩もうとする人もいるけど

ノーリスクなことなんてこの世にあるんだろうか?

 

どこに落とし穴があるか考えてたら

どんな道も歩けない

 

コーネル大学の新しい研究で、

「人が最も後悔し苦しむのは、義務や責任に関してではない」ことがわかったそう。

米誌『Emotion』に掲載された「The Ideal Road Not Taken」の筆頭筆者で心理学者のTom Gilovich氏は

私たちがを最も苦しめる後悔は、「理想の自己」として生きることができなかった後悔だと話している。 

 

紆余曲折を経て介護職に就いた著者ブロニー・ウェアが、

終末医療を通して学んだ経験から綴った「死ぬ瞬間の5つの後悔」という書籍の中でも

1番の後悔はやっぱり

自分に正直な人生を生きればよかった

だと綴っている。

 

リスクを恐れるあまり

自分ではない人生を送ることの代償は、どんなリスクより大きな後悔となることが分かる。

 

人生の最期に後悔するほどのリスクがこの世にあるだろうか!?

 

後悔最小化フレームワークとは

アマゾン創業者ジェフベゾスさんの有名なエピソードの1つ

ベソスさんが、アマゾンを創業するににあたって決断の際にいつも使っていたという

『後悔最小化フレームワーク』

 

「自分自身が80歳になったときを想像して、そこから振り返った時にやらないと後悔するかどうか」

というポイントで思考するというものだそう。

 

自分の人生を俯瞰してみることで、日常囲まれている短期的なもの

から自分を遠ざけ、長期的目線で考えられるようになるんだとか。

 

自分の人生を客観視するときに、長期的なことを見ながら

短期的な目の前のことに取り組んでいくというのは

極めて大切な視点。

 

死ぬときに後悔しない生き方をするために

目の前にあることを楽しみ真剣に取り組んでいく必要がある。

 

人生の目標は必ずしも具体的でなくてもよい

 

やりたいことがわからないという人も多くいる

夢がわからない

 

そんな人も多くいる。

 

でも、もしかしたら、それは分からないではなくて

ただ、自分には無理と諦めてしまったことかもしれない。

 

夢は具体的にイメージした方がいいというけど

脳科学的な視点からいうとそれは間違っているんだそう。(次回の機会にブログに書きます)

 

ならば、死ぬ時、

こんな風に死にたい

周りの人が自分を見送る時、なんと言っているか想像して、

自分はやっぱりこんな風に生きたい

こんな風な自分で在りたい、

そんなことでもいいと思う。

 

自分の死に際を決めたら、

今やることがおのずと見えてくる。

 

そのことに向かって

目の前にきたワクワクに1つ1つ

リスクを恐れず取り組んでいけばよい。

 

そうすることで、本当に自分がやりたいこと

自分が目指すものが見えてくるかもしれない。

 

かつて無理だと思ってあきらめていた夢が

再び自分のものとなって甦るかもしれない。

とにかく深く考えず、目の前にあるものに

飛び込む勇気と向き合う覚悟を持とう。

 

失敗は血となり肉となる

 

わたしも、今まで色々なことをやってきて

その中には、リスクしかないようなバカなことばかりも沢山あった。

 

その時、

ある尊敬する先輩に相談しに行った時のこと

多分、経験豊富なその方は、わたしの話を聞いた時点で

これはうまくいくはずがないと

分かっていたに違いない。

 

でも、その時は批判1つせず

応援してくれ、色々なアイデアや現実的な話をしてくれた。

 

そして、1通り私も自分が思うように、やりつくした時

「こんな方法うまくいくわけないじゃん!」と

ようやく、自分で気づいたとき

その先輩に、そのように報告をし、お礼を言った。

 

すると、その時先輩は

「あの時、あやちゃんにやめろというのは簡単だったけど、

でも、あやちゃんの中にやりきれなかった後悔が残る。

やって失敗すると血となり肉となり、その後の人生に生かされるけど、

やりきれなかった後悔ほど大きくなるものはない

と話してくれた。

 

わたし自身もそう実感している。

 

この経験がなければ、

わたしはここには立っていないし、

すべての経験がわたしを次のステージに導いてくれた。

後悔がないというのは、本当に幸せなことだ。

 

その先輩が見守ってくれたこと

そんな言葉をかけてくれたことに感謝しかない。

 

1度の人生だからこそ

わたしは

わたしがわたしを生きることは

わたしができる唯一のことであり

どんなことをするよりも究極の社会貢献だと思っている。

 

1人の喜びは100人に影響を与えるそうだ。

 

わたしがわたしを生きることであふれる喜びは

決してわたしだけのものではない。

 

だからこそ、あなたがあなたのために自分の人生を謳歌することは

結果、世界中の人と繋がっている。

 

あなたのために世界のために

自分の人生を生きていこう。

 

 

 



88交流会in沖縄

4月18日 13時~

4月22日 20時~

4月25日 20時~

詳細はこちら

 

武島綾子公式LINE@

枠のない自由な人生へ
お友達登録はこちら

友だち追加

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

慣れ親しんだ列車を降りられるか・・

いい母親であることは、あきらめました。

関連記事

  1. 本当の自分に出会う道

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  2. 凸と凹がはまる場所

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  3. 悩みとわたしは無関係

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  4. 死を意識すると人生がかわる

    はじめに  わたし達に共通していることと言え…

  5. パラレルワールドは本当に存在するのか!?

    はじめに「こ…

  6. 告白

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  7. 祖父母からもらったもの

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  8. 言葉以前のもの

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&nb…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP