人生の目的ー 見る者に集中する

 

 

わたしの人生の目的があるとしたら、

それは、どこまでもわたしを

生きることだと思っている。

 

どこまでも

本当の自分を探し当てたいと思っている。

 

 

もう、

これまでも

自分の思いや湧き上がる声に

素直に生きることしかできず

 

 

わたしは自分以外の誰にもなれないし、

それが良かろうが悪かろうが

みんなに受け容れられまいが

褒められたり

評価されなくとも

結局は私は他の誰でもない

自分自身にしかなれない

それしかできることはない

 

と分かった。

 

 

 

わたしには

本当に

それしかできないし

それにしか興味がないし

それがわたしが出来る

唯一のことだと思っている。

 

 

でも、それは時として

大きな勇気も痛みも伴う。

 

 

 

だって、

これまで

この世界は常に

わたしを非難し、

わたしが常に自分以外の

誰かになろうとするように

わたしに理想を与えてきたし、

 

マスターはわたしではなく

常に他の誰かであり、

いつも答えは

自分の中ではなく

外側になることを 

繰り返し叩き込んできた。

 

 

いつだって

キリスト教徒はイエス様を目指し、

仏教徒は仏陀になろうとする。 

 

理想がわたしを自分から引き離す

そんなメッセージや情報で

この世界は溢れかえっている。 

 

友人や

恋人や

家族の概念がまた

わたしを縛り付けることもある。 

 

でも、

わたしはわたしだ。

 

友人ならば

恋人ならば

家族ならば

こうするべき

こうしなければならない 

 

その外の誰かが決めた答えに

なぜ縛られる必要があるのかな?

 

 

それでも、

とことん、

自分の答えに忠実であることは

未だに怖さを伴うことだ。 

 

 

 

わたしが初めて

自分で保育園を開園した時

心の中は不安と恐怖でいっぱいだった。

 

 

それはきっと、

それまで、わたしは誰にも

あるがままのわたしを本当に

受け容れられたという経験がなかったから。 

 

わたしは知らず知らずに

自分がやりたいようにやったことなど

わたしが生み出したものなど価値はなく

拒否されるという恐怖と懸念を持っていたから。 

 

でも、それだって

繰り返し繰り返し

勇気を振り絞って

包み隠さず生み出し続ける事によって

わたしを受け容れてくれる人達の存在にも

沢山出会うことができた。 

 

 

全ての人に拒否されたとしても

自分自身を受け容れるか

 

または自分を拒否して

全社会と文化の尊敬と名誉を受けるか 

この選択は、常にわたし達に迫られている。

 

 

 

もし、後者をとれば

きっと

大衆からは尊敬を集めることはできても

 

それとは裏腹に

あらゆる不安と苦悶と

無意味さが襲ってくるに違いない。

 

 

何か自分とは別のものになろうとして

わたし達は知識を欲し、

そしてあちこちを走りまわる。 

 

グルグルと走り回っては疲れ、

また同じところを走り回る。 

 

でも、それは

走る者、つまり

走る者自身を知らないからだ。 

 

走る者

この世界を見るもの

この世界をかんじるものは

わたし以外の誰でもない。 

 

その中心である

根源である

わたしを見ずして

この人生の本質などきっと見えるわけはない。 

 

その根源に気付かないかぎり

一生、それをさがし求めて

走り続けることになるだろう。 

 

 

走る者を

見るものを

集中する者に

集中しよう。 

 

そこに答えがあり

そこにきっと人生の

目的があるはずだから。

 

 

いつもわたしは一番近くにいるけど

その実在に触れるまでは

まだまだ道のりはながい。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

求めているものはすぐ足元に

もう、誰の期待にも応えられない

関連記事

  1. 悩みとわたしは無関係

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  2. かぐや姫の罪と罰とは!?

    はじめに &…

  3. 本来の「生」を生きたいだけ

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。今…

  4. 自己実現、自己探求が必要なわけ

    はじめにあなたは、…

  5. 自分を許すと人生は変わる

    はじめに 自分を許すとは 自分を甘やかすって…

  6. わたしの影と向き合う

    こんにちはアメナルミチの武島…

  7. 自分の物語を生きる

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。今…

  8. 相反するものからの学び

    いいとか悪いとか好きとか嫌いとか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP