何かをはじめるのに固定概念は不必要

 

こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

 

かつて、保育園を開園しようとしたとき

「保育園ってどうしたら出来るの?」

そんな疑問から始まって

まずはと思い

長野県の野外保育園(森の幼稚園)に

子連れで1か月研修旅行に行ったことがある。

 

まだ、歩かない小さな娘をおんぶして

前にリュックを背負って、

3歳の息子とひたすら長野の荘厳な森を歩いた毎日。

 

あの旅は

わたしの固定概念を

ことごと崩してくれた。 

 

 

森の幼稚園は

毎日森に出かけていく。 

 

まさに自然を先生として

こども達を育てていく。

 

 

園舎をもつ園もあれば

園舎をもたないで毎日

色々な場所を移動している園もある。

 

 

天気の日も、雨の日も、雪の日も森に出かけていく。

 

色々な園を周れば

それは本当にみんなユニークで

ビニールハウスを、

かわいくして園舎にしている園や

モンゴルの人が移動に使っているゲルを

園舎にしているところ

セルフビルドの素晴らしい園舎

 

 

奇想天外 

本当に枠がない。

 

 

どこも独自性があって

居心地がよく

あたたかで

整っていないのに

整っている不思議な感覚だった。

 

 

 

日本で一番に森の幼稚園をつくった人と

ごはんを食べながら

 

「どうやったら幼稚園できますか?」

 

聞いた時の衝撃は忘れない。

 

 

「え!!!それは、めっちゃ、簡単!!!

森に穴をひとつ(トイレの穴)掘ればいいだけだよ」

 

真顔で教えてくれた。

 

!!!!!!!

 

「えーーーー、」

 

目から鱗というか、衝撃というか

 

笑と共に

ああ、それでいいんだと(笑)

 

変に納得することもあり

すごく氣が楽になったのを覚えている。

 

 

 

何かを始める時には

あれもないと

これもないとできない

 

それが全て揃ったら始めようと思うものだけど

そうじゃなくていいんだって思えた。

 

そこで、立ち往生しちゃうなら

できることから始めればいいいんだ!って

分かった。

 

色々なことをやり続けた人の

頭の柔らかさはやっぱ違うね。

 

そうして、帰ってから1か月待たないうちに

わたしは、

『高台で生みが見えて、後ろに山がある』

というみんなにバカにされるような

あり得ない妄想の場所にご縁をいただき

多くの仲間に助けられて

園を開園することができた。

 

本当にやろうと思えば

どんな形でも出来るし

本当にできると信じれば

場所やそこに必要な人達との

ご縁も結ばれるんだってことを

実感した。

 

 

 

頭で、やりたいって思っているだけのうちは

何も現象化はしないけど

大いなる信頼の元

行動し続けることによって

必ず道は開けるんだと。

 

そこに

お金がなければできないとか

○○がなければできない

そんな固定概念はいらいないよね。

 

 

やるべきことならば

どんなことにも屈しない情熱があるなら

全ては用意されることになってるから。

 

『思考は現実化」する実感は

行動をもって進んだときに

本当に得られるものだと体感してきた。

 

そりゃそうだ。

人生は自分自身が創造しているんだものね。

 

 

やりたいことに素直にまっすぐに生きてこられて

わたしは、本当にしあわせだと思う。

 

 

目を伏せなくなるような

恐れや怖さや

固定概念の塊がドロっとわたしの中にあるけど

だから人生は味わいがあるんだな~と

それと共に

これからも素直にいきていきたいと思う。

 

 

 

 

—————————–----------------------

森の幼稚園は今日本中で広がっている。

 

こども達にとって最高の環境だと思ってよ。

わたしも保育からはリタイアしたけど

あの豊かな時間はわたしにとっても宝ものだ。

 

雨の日の美しさ

足元に咲く花々の可憐さ

こども目線で自然と接した時の

驚きと感動は

今もわたしの土台になっている。

 

 

足を運んで知った、本当の「森のようちえん」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

【暖かな気持ちでチャンネル登録お願いします】

スポンサーリンク

相反するものからの学び

悩みとわたしは無関係

関連記事

  1. 独りだけど、独りではない

    わたしは母親のおなかから生まれ この命をいただい…

  2. 今、この瞬間にできることを

    2019年10月31日琉球の象徴でもあった首里城…

  3. 人生が変わるストレスを味方にする方法

    はじめにストレスは体にも精神にも…

  4. わたしが生きる道

    こんにちは。アメナルミチの武島綾子です。…

  5. 悩みとわたしは無関係

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  6. 祖父母からもらったもの

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  7. 世界の変化はわたし達の手の中にある

     はじめに …

  8. 今日から始めます

    みなさま、こんばんは人生の可能性を生きる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP