外には何もない

みなさん、こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

この世界は

全て相似象

 

大きな宇宙の構造が

そのままわたし達の身体にあるように

 

大きな世界も

小さな世界も

全て

同じ仕組みで動いている。

 

今は、世の中が大きく動いて

これまで信じてきたものが

根底から崩される

 

素晴らしいものだと思っていたことが

実はその逆だった

大きく裏切られるようなそんな感覚のこと

 

そんな大きく反転するような

「うそでしょーーー!!」っていうようなことが

 

色々と暴かれ

いっぱい、いっぱい

表にどんどん現れてくる時代

 

(社会の流れは

個人の生活にも当然直結するもの。

ここでは書かないけど

TVや何かの偏った情報だけではなく

広く情報に触れることも時には

本当に大切なことかもしれません)

 

その中には

信じがたいような残虐でひどいことや

眼を伏せたくなるような事実も

たくさんたくさんあったりする。

 

そういうのと直面すると

多くの反応として

 

許せないとか

ひどいとか

変えていかないとか

 

色々な思いが湧き出してくる。

 

そして、

正義と悪が対峙しているような

二元的な構造や感情に陥りがち

 

でも、外的要因で怒りがわいたり

不安や恐怖に陥るのはナンセンス

 

外的な要因はいつだって

内にあるものを

自覚させてくれるものにすぎないから。
いつだって

わたし達にできるのは

内的な要因に目を向けて

「わたしはどう生きたいのか」

「どう在りたいのか」

その軸をしっかりと定めることしかできない。

 

 

相似象の世界

 

社会で起こっていることは

当然わたしの内で起こっていること。

 

 

わたしの中にも

いっぱいのてんこもりの闇がある。

不信

罪悪感

悲しみ

孤独

怒り

 

見たくない?

 

逃げている?

 

外に出ないように必死に蓋してる?

 

それと闘おうとしてる?

 

 

でさ、

それは闘って

本当になくなるものなのかしら?

それは無理なお話

『不信があるから信頼がある。』

『罪悪感があるから

本当の愛をしることができる。』

『悲しみがあるから悦びがある。』

『孤独があるから一体感がある。』

『怒りがあるから笑いがある。』

 

それは

どちらか切り離しては

考えられないこと

 

どちらかを切り離しては

味わえない事

 

だから、それはいつだって一体

裏と表

陰と陽

 

どちらがよくて

どちらが悪いということではない。

 

結局、両方あることが

大切なこと

 

両方、知っていることが

必要不可欠なこと

 

大きな悦びを受け容れる人は

その分の大きな悲しみを受け容れられる人

 

大きな光を見ることができる人は

その分の大きな闇を受け容れてる

 

 

だから、

わたし達はまず

受け容れなければいけないと思う。

 

その外である社会に見える

一見、極みを振り切った悪事に見えること

この上なく残虐なことの種が

わたし達の中にあることを

その闇の母はわたし自身なのだということを

 

そして、

闘うでも逃げるでもなく

ただ向き合うこと

 

それも

わたしの大切な一部だと認めること

 

 

分析心理学のユングは

こんな言葉を残してる

 

『すべての人には影があるが、

個人の意識のなかでそれが組み入れられなければ、

それだけ影が暗く濃厚になる。

もし劣等な部分が意識化されるなら、

人は常にそれを修正する機会をもつ。

それは絶えず変化し続ける。

しかし、劣等な部分が抑圧され、

意識から孤立されるなら、

それは修正されることもなく、

気づかぬうちに突然の爆発を起こしやすい』

 

 

なんだか

やっぱり社会で起こっていることと

そっくりね。

 

それは、

そのままわたし達の内側のお話

 

悪なんてない

正義もない

ネガティブもない

ポジティブもない

 

ただ、その存在を認め

客観視して

全てを自分として受け入れ

いつもその真ん中であれること

 

わたしはそんな風に在りたい

いつだって

プラス、マイナス、ニュートラル

 

自分の中が

平安ならば

外的要因に左右されることはない。

 

わたしが整えば

マクロな社会だって

同時に変わっていくのだ。

 

素晴らしい世界を生きていこう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【6月13日】

自然のまま生きる

同志でもあり、尊敬する木内寛長さんとコラボさせていただきます。👇

 

【6月16日・17日

伝説の濱口剛輔先生リトリート@沖縄】

自然の理を

いとも簡単に体感させてしまう

剛輔先生

複雑に考えていたものは実は簡単なことだったんだと

目から鱗の体験

唯一無二のリトリート

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

今日が「はじめの日」

美しき時間

関連記事

  1. わたしの世界の捉え方

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  2. 内に引き受ける

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  3. 岸を離れる日

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  4. 悩みを解決するには

    はじめに  …

  5. わたしの影と向き合う

    こんにちはアメナルミチの武島…

  6. 人生を変える視点とは!?

    はじめに  わたしたちは…

  7. わたしは門

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。夏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP