大気圏を超えていく

 

こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

人は

常に自分を成長させていきたいと願うもの

 

地上で生まれ

この地球の大氣の中で育まれながらも

それでも魂は

大気圏を遥かに超えたその先を

見てみたいと

願うもの。

 

それは

つまり自分を超えていくということ

 

大気圏を超えるのは

ものすごいパワーとエネルギーが必要だ。

 

それで

勢いで飛び込んだはいいものの

その力がなければ

また振り出しにもどる

 

そんなことを何回も繰り返しているうち

そこに向かっていくことへの

恐れもでてくる

 

また、失敗するんじゃないか・・・・

また傷つくんじゃないか ・・・・・

 

また、あれをやるのか・・・

 

安全なこの地上でいればいいものを

わざわざ

そんなチャレンジをしなくたっていいのに

 

でも、どんなに

恐れを感じていても

 

やっぱり

どうしたって超えていきたいと

肚の声に動かされる。

 

その向こうがあることも

その向こうがわたしの魂が求める

本当の場所だと

知っているから

 

わたし、本当はうんと怖い

人との付き合いや関係の築き方も

本当はね、どうしていいか分からない

人の氣もちだって

分かるはずもない

 

うんと不器用なくせに

 

なのに、コミュニュティーがつくりたいって

なのに、あの人と人が生み出す

あの凸凹が重なったときの化学変化が起こる

アメナルミチの場をつくりたいって

 

本当、思考はいつだって

めんどくさいと叫んでる(笑)

 

でも、

魂は悦んでる

 

また、

振り出しに戻るかもしれないけど

 

それは決して同じ場所ではないし

 

いつかそこに行くことは決まっているんだから

 

肚をくくって

そこに向かっていく。

丁寧に進んでいきたい。

 

大気圏をこえて

その先の世界を見に行く!

 

ってことを飛行機で

友人と語ってたら

雲の上に虹がでて

 

 

わたしの後ろにも虹

 

この世界はなんてやさしいんだ!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

一番大切なこと

道なき道

関連記事

  1. やりたいこと、求めていることが必ず分かる方法

    はじめに  このままでは…

  2. わたし達に秘められた力

    はじめに   わたし達の秘めた力を思う時わた…

  3. 「今」をいきるー「今」に集中する

    はじめにこんな話がある。…

  4. 人生を変える視点とは!?

    はじめに  わたしたちは…

  5. 外には何もない

    みなさん、こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  6. 何を描きたいかは、描いてみないとわからない。

    はじめに ピ…

  7. 無意識の力を使う

    みなさまこんばんは人生の可能性を生きる…

  8. 深く自分と繋がる時間

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。【…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP