天地の生き方から学ぶー老子の言葉ー

はじめに


 

 

 

何かやりたいと思ったことをやる時 

新しい物事を始める時、 

「うまくいくだろうか」

「成功できるだろうか」

と、ゴールを先読みし、

無駄な心配や不安を抱えることがある。

 

あるいは

自分が本当に求めてもいない地位や名誉を

闇雲に追いかけてしまう。

 

最初から「成功しよう」と思ってコトを始めても、

その気持ちだけで成功には至らないだろう。

 

 

無私無欲、無我夢中で何かに取り組むからこそ

結果として何かが残っていく。 

 

中国春秋時代における哲学者

老子は、様々な格言の中で 

本当に事を成し遂げるとはどういうことか 

天地の在り方から学ぶことを説いている。

 

 

 

天地の生き方に沿う生き方


 

 

「天長地久。天地所以能長且久者、以其不自生、故能長生。
是以聖人、後其身而身先、外其身而身存。
非以其無私邪、故能成其私。」

 

どういう意味かと言えば

 

天は永遠であり、大地は久遠(=永遠)である。

天地が永遠であるのは、自らの意志で永遠であろうとは思わないからだ。

これが、長く物事が継続する秘密である。

 

だから「道」を知った聖人は、

自分のことを他者のために後回しにしていても、

自然と周囲の人たちによって押し出されて先頭に立つものだ。

また、聖人が(遠慮をして)輪の外側に居ても、

周囲の人たちが聖人を取り囲んで自然と輪の中心にいる。

 

それは、その人が無私無欲であるからではないだろうか。

 

 

つまり

天地には、「永遠で在り続けよう」という意思があるわけではない。

 

無私無欲であるからこそ、

自分をつらぬいていける(物事を達成できる)のだ。 

 

無為自然な生き方


 

 

「無為自然」の「無為」とは

「なんら作為をしないこと」という意味 

 

つまり「無為自然」は「なんら作為をせず、あるがままの状態」をいう。

 

 

 

『道(みち)は常(つね)に無為にして、而(しか)も為(な)さざる無し。』

 

(道はいつでも何事も為さないでいて、しかもすべてのことを為している。)

 

 

「何事も為さないでいながら、すべてのことを為している」——

それは、一体どういう意味だろうか? 

 

 

天地を例にして考えてみると、

天や地は意思をもたないから常に「無為」の状態といえるが、

無為でありながらも、その働きは常にこの世界全体に行き渡っている。

 

 

季節はめぐり、太陽は大地を照らし、雲は雨を降らし、

大地の上では植物や虫や動物がそれらの恩恵を受けて育っていく。

 

つまり「なにかをしようとわざわざ考えずとも、天地はすべてのことを為している」

 

無為とは「何もしない」という意味ではなく 

ありのままである自分の仕事を作為を持たずに

やり続けること。 

 

結果、それが全てを成す天地のような働きを持つということを

説いている。

 

 

 

本来のわたしとして生きる


 

 

何かに執着したり

人より上になりたいと思ったり

自分だけの利益を追求しようとしたり

地位や名誉に依存する生き方は無為自然な生き方ではない。

 

 

自分本来の生き方を大切に、

素朴であることを大事にして

作為や、計算や見栄などを放して

作為的なことをせず

本来のありのままにいれば

すばらしい生き方ができる。 

 

それが結果的に

「何事も為さないでいながら、すべてのことを為している」——

という天地の在り方に繋がっていく。

 

 

そして

物事が永続していく秘訣でもある。 

 

まとめ 


 

 

現代の社会は様々な自然な生き方に反した作為に満ちている。 

 

地位や名誉

経済的が成功の象徴であるかのような 

価値観の中 

多くの人が本当にありのままの自分、本来の生き方をすることから

かけ離れてしまった。  

 

 

その結果、現在は

様々な病気やうつ病、自然破壊、政治的混乱など

様々な問題であふれている。 

 

わたし達、一人ひとりが 

本来のありのままの生き方に戻っていくことは

結果的にもっとも世界に貢献していくこととなる。 

 

世の中のこと嘆くより

他人に対して文句を言うより 

わたし達がすべきことは

まず、自らがありのまま、本来の生き方へと戻っていくことだ。

 

 

スポンサーリンク

親子関係を乗り越える

中途半端を目指すーまずは20%の力で始めようー

関連記事

  1. 慣れ親しんだ列車を降りられるか・・

    こんにちは人生の可能性を形にする武島綾子です。&nb…

  2. 理解で終わる理解は無意味

    はじめに 思考の…

  3. 今、この瞬間にできることを

    2019年10月31日琉球の象徴でもあった首里城…

  4. 般若心経と量子力学が示す「無」の世界

    はじめに量子力学は原子や…

  5. 相反するものからの学び

    いいとか悪いとか好きとか嫌いとか…

  6. 日本の叡智ーこれからの時代に必要なことー

    はじめに  …

  7. やりたいこと、求めていることが必ず分かる方法

    はじめに  このままでは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP