宇宙は一元論的世界

はじめに


 

こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

 

わたしが学生の時に

世界を旅していた時

日本人に神(一神教の神)が分からないことが、

何か思想的欠陥のように言う風潮があり、

日本人であることに引け目を感じていた。

 

 

しかし、今日、欧米社会では、宗教、

とくにキリスト教に無関心あるいは

否定的な世代が急伸しているという。

 

日本に古くから根付く神道は

教典や躯体的な教えはない

開祖もいない 

神話や八百万の神

自然や自然現象などに基づくアニミズム的な 

民族宗教である。  

 

その絶対神を持たない日本人の感覚は

どんな宗教であろうと、

どんな教えであろうと、

どんな科学であろうとも

全ては一つという所から始まったのだという

一元論に基づいている。

 

 

世界は一元論的世界でできている


 

 

宇宙や地球が何で成り立っているか!? 

 

中心となっている定説は時代と共に変化してきた。

 

例えば、西欧が大事にしてきた科学の世界

ニュートンの「古典物理学」は、

目に見える力学だけが全てであり

アインシュタインも

「宇宙と人間は全く違う法則・原理で動いている」

という二元論を信じていた。

 

しかし、最新科学の世界は

「量子力学・素粒子論」という多元的価値観へと

完全に移り変わり始めている。

 

量子力学で解明されてきた事実は

「宇宙と人間は別個に存在するものではなく、

すべては意識による派生物」

となる。

 

つまり、

この宇宙を含めたすべては意識により生み出され、

しかも一つにつながっているとする一元論的世界なのだ。

 

 

二元論で世界は語れない


 

 

 

これまでの時代は、

二元論を軸にすることによって

民衆を掻き立て動かしてきた。 

 

「正義」と「悪」

「正統」と「異端」、

「天国」と「地獄」、

「唯物論」と「唯心論」、

「科学」と「非科学」

 

しかし、今や世界を

こうして二元論で語ることなど不可能だ。 

 

 

正義と悪は捉える人によっては

真逆にもなるし、

それはその時代、時の権力者によって

変化していくものだ。 

 

また、西洋医学は心と体を分けて考える

「心身二元論」を軸としているが

それでは対処法になっても

根本治療には行きつかない。

 

東洋医学は、

東洋医学では「七情」といって、

七つの心の動き--

「怒」「喜」「思」「悲」「憂」「恐」「驚」が

体に大きな影響を与えると教えている。

 

つまり、体と心は別のものではなく

一体であり、繋がっているという考えに基づいている。 

 

もはや、二元論的な考えは

現在の世界には馴染まなくなり

日本の神道や量子力学が導きだしている

一元論的な世界観が真実の世界ではないかと

多くの人が気付き始めている

 

 

自然「じねん」という言葉


 

 

わたしたちがいう「自然(しぜん)」は 

19世紀末に輸入された

Natureの訳語として採用されたという。

 

Natureに当てはまる言葉が

日本語にはなかったために

当てられた言葉なのだ。

 

もともとは「しぜん」ではなく

「じねん」という言葉だった。

 

じねんとは「自ずから然(しか)らしむ」、

「あるがままの状態」を意味し、 

もともと仏教用語で「はからいのない」という意味だという。 

 

Natureの訳語としての「自然」も、日本人にとっては 

人間と対抗する野生や原生林といった自然ではなく

人間もその一部である森羅万象、 

天地万物すべてを包含するより広い対象を指している。 

 

 

西洋的「自然」(しぜん)と東洋的「自然」(じねん)の違い 


  

 

 

キリスト教的世界観の中で育まれた「自然」(しぜん)は、 

人間が制御すべき野生であり、 

天地創造をした唯一神としての

神からその役割を人間が委ねられているという

まさに人間中心の考え方と言える。 

 

つまり二元的な考えに基づいている。 

 

 

一方、神道が根付いていた日本人は

自然は外にあるものではなく

わたし達そのものだという思想だった。 

 

それが西洋的な思想が入り込んだことによって

外側と内側のものとして対抗するようになった。 

 

「自然を守りましょう」などと

昔の日本人に言ったら、きっと大笑いされるに違いない。  

 

まとめ


 

 

一元的世界とは

心も体も一体

わたしとあなたも一体

物もわたしも一体

自然もわたしも一体

宇宙もわたしも一体 

 

そんな世界だ。 

 

わたし達は「西洋的な個人主義」を最大化したあまり

大きなズレとともに

もともと日本人が持っていた一元化的な感覚を忘れてしまった。 

 

自ら好んで比べることを選択し、

その差を悲しんだり喜んだり 

それを人に認めてもらうことに躍起になってしまった。

 

しかし、

神道の世界も最新の科学もが解き明かしているように

個々の違いを比べて競争する時代は終わり

それぞれの違いを認め合い

全体としてのわたしを生きていくことが

この宇宙の摂理に最も沿った生き方だと言えるだろう。  

 

この世界は今、最大に問題を抱えながら

大きな希望に満ちてもいる。 

 

もう、どちらが正義でどちらが悪だという

小さな戦いは終わりにしないか!?

 

もう、あなたとわたしのどちらが優れているという

小さな競争は終わりにしないか!? 

 

もう、多く持っていること、

少なくもっていることに注力するのはやめにしないか!? 

 

そんなとこに意識を向けても

あなたが決して

しあわせになれるとは思えないし、

いつまでもそんなことに

こだわっているのは時代遅れだ。  

 

 

この世界の真実に心を開き

時代をみんなで創っていこう。 

 

世界の真実に心を開く -プラス・マイナス・ニュートラル

 

私から和多志へー恐るべし言葉の力ー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【暖かな気持ちでチャンネル登録お願いします】

 

【LINE@お友達登録はこちら】

最新情報をお届けしてます♡

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

何を描きたいかは、描いてみないとわからない。

気楽にいこう ーこの世界に正解はないー

関連記事

  1. 思込みを手放す方法= 思い込みに支配されているこ…

    はじめにこの世界のあらゆるものは…

  2. 自分を許すと人生は変わる

    はじめに 自分を許すとは 自分を甘やかすって…

  3. 親子関係を乗り越える

    はじめに 自…

  4. 喜怒哀楽を受け容れる

    わたしは…

  5. 常識を破る勇気が道をつくる

    はじめにある…

  6. 古代の智慧と最新科学 これからの時代を生きていく…

    はじめに古代の智慧⇔最新…

  7. コロナウイルスと共に

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  8. 約束の場所で会いましょう

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP