一切の憧れを手放し、原点回帰

 

こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

 

保育園をやっていた時

わたしが

何よりも優先したのは

 

 

こども達を楽しませたいのあれば

まず、

「働くわたし達自身が楽しむこと」

 

そして、こども達に自分を認めて生きてほしいなら

なにより

お母さんが自分を認め、

「こんなこともできていない」と罪悪感を持つ子育てから

 

「ああ、このわたしでいいんだ」と

「このわたしだからいいんだ」と

自分を生かす子育て、

自分育てにシフトしていけるようにすることだった。

 

 

お母さんが自分を大切にできないのに

こども達がどうして自分を大切にできるだろう・・。

 

お母さんが自分を生きていないのに

どうやったらこどもが

翼を広げて自分を生きられるだろう・・。

 

 

その課題は、そのまま自分自身にも突き付けられ

わたしは、こどもを産んでから

ずっとそこに妥協なく向き合っていきたのだと思う。

 

先日、たまたま立ち寄った

こども園時代に毎週通った公園

 

 

そこにある木に向き合った時

自分でもびっくりするくらい涙が溢れだしてきた。

 

こども園からアメナルミチにシフトしてから

わたしの興味や憧れは

お母さんや女性、こどもを超えて

社会的な活動に向けられ

いつの間にかその憧れを追いかけるようになっていた。

 

 

 

だからこそ、アメナルミチ再開に先立って

まず、足を運んだのは

非電化工房の藤村先生のところだったし

 

たくさんの教えもこい

「僕が後ろでサポートしてあげる」という

ありがたい言葉もいただき

4月に沖縄にお招きする流れも作った。

 

でもさ、

アメナルミチ再開の軸として走らようとしている

コンテンツを作っていても

何か構想を練っていても

何か感じる違和感

 

 

憧れによせていこうとすれば

自分から遠のき

自分に寄せていくと

憧れからは遠のいていく。

(当たり前の話なんだけど)

 

いっぱいアウトプットしたからこそ、見えたものでもあるんだな~

大量インプットとアウトプット

 

 

この木に再会した時

こども園時代のたくさんの豊かな思い出が

次々に蘇ってきた。

 

緑の中を駆け回る美しいこども達の姿と

お母さんたちの笑顔と

 

なにもかもが豊かで、

本当にしあわせな瞬間瞬間だったと。

 

様々な過程で加わっていった

憧れてやまないものと

わたしのお腹のそこが

本当に行きたい場所

創りたいもの

わたしの力が本当に発揮できる場所とが

 

いつしか明らかに

食い違っていたんだということに

気付かされた。

 

いつからか

あやこさんは

「お母さんコミュニティーの人」みたいに言われることに

抵抗していた自分がいたし

それを脱したいとどこかで思ってた。

 

でもさ、

氣付けば

そう

わたしはいつも母親であり

わたしは、こども達を持つ母として

 

やっぱり沢山のお母さんに

「こどもがいるからできない」ではなく

「こどもがいるこそ自分が生きれる」のだということを

伝えていきたいのだと

 

世界を変えたいなんて

大それたことは思わないけど

少なくとも

妥協なく自分を掘り下げていけば

わたしの周りの世界は変えられる。

 

世界や人生はそうやって

やっぱり自分自身が創造していきものだと思っているから。

 

ここ最近、

そんな憧れと自分の深いところが向かいたいところの

不一致に氣付き、

一切の憧れの捨てて

原点回帰するため

めっちゃ泣きました。

 

当たり前にあったものとはいえ

自分の一部になっていた

握りしめていた何かを手放すのは

さみしかったなーー。

 

削ぎ落して、削ぎ落して

また脱皮

 

 

そんな過程を経て

渾身の

本氣の塾を立ち上げました。

 

原点回帰

 

子育て中のママに捧げます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こどもがいても妥協なく「自分をいきる」

ママが自分を生きれば
こども達も自分を生きることができる。

ママが自分をいきていないのに
なぜ、こども達が翼を広げて
自分自身を生きることができるでしょうか・・。

ママが、自分を愛していないのに
こども達がどうして
自分を愛することができるでしょうか・・。

ママが常識や枠にとらわれて生きていて
どうしてこども達がその枠からでられでしょうか・・。

こども園の立ち上げから
アメナルミチの場作りへ

子育てをしながら
一貫して、そのテーマと
自分自身が向き合い続けてきた
武島綾子が送る渾身の塾です。

人生は、まったなしで進んでいきます。

目まぐるしく情報が行きかい
刻々と取り巻く状況も変化し
今まで大切にしていた価値観も
根底からひっくりかえる時代。

何があろうとびくともしない
自分の軸はあなたにあるでしょうか?

ママが自分の軸を強く持ち
何があろうと自分で0から1を生み出せることを
しっていることは、
こどもにとってもこの上ない財産となるでしょう。

この塾では
揺らがない自分の軸を作る、様々な法則・原理を学び
さらに、実際に小さなビジネスを立ち上げることで
自分が自分の人生を創造しているのだいうことを
体感していただきます。

塾の詳細はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/b0w4k

FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/595642874610635/

まずは、体験会にぜひともお越しください。

体験会

2月21日(金)
29日(金)
3月6日(金)
13時~15時  3000円
宜野湾市付近(人数が確定次第お知らせいたします)

【お申込みは下記のサイトより日程を選んでお申込みください】

https://tayori.com/form/ee0680c587d6019d6a52873caa9c2bfad3cb42bd

 

===子育て中のママ達におくります====

詳細はこちらをクリック👇

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

わたしの世界の捉え方

独立個人として生きる

関連記事

  1. 上の如く下も然り

    こんにちは。アメナルミチの武島綾子です。…

  2. アメナルミチへ

    「アメナルミチ」数年前、コミ…

  3. 嫌悪感・恐怖・怒り その中に入り込む

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。【…

  4. 非電化工房 藤村先生との出会い

    アメナルミチを始めて2年目のある日…

  5. 沖縄県中部で場所を探しています。

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。只…

  6. 動かなければ変わらない

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  7. コミュニティーの力

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  8. わたしの世界の捉え方

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP