本当の人生を創造するために

はじめに


 

 

わたしがブログを書くのは

わたし自身がもっともっと

本当の自分の人生を生きていきたいと

思うからだ。  

 

ソクラテスが残した

「無知の知」は、

「知らないことを自覚する」という哲学だ。 

 

 

わたしは、まだ、自分のことも分からない。 

そして、まだ、この現実のことも 

そして、目の前の大切な人のことも 

 

わたしはまだまだ、

わたしの可能性や本当の力も

爪の先ほども

分かることも感じることさえもできない。 

 

 

そして、不思議に思ってる。 

 

 

「世の中はこういうものだ」

「こうしなければ幸せにならない」 

 

そんな

固定概念や思いこみは

もはや、

科学の世界でも現実の現象を見ても

とっくの昔に非常識になっているのに

まだまだ、この現実社会では、

それが世の中の仕組みで

どうにもならないと信じ込んでいる人の多いことに。

 

 

人は知っていることしか認識できない。 

 

昔の人がスマホを見ても

それはただのわけのわからない物質とうつるだけだ。

 

知っているから使いこなすことができるのだ。 

 

 

この世界には

わたし達に見えていない

本当の叡智が詰まっている。

 

目の前にあるにも関わらず

わたし達は認識することも

使いこなすこともできていない。

 

まずは、知らないということを

知ることから始めていきたい。

 

 

 

洞窟の比喩


 

 

プラトンの洞窟の比喩というものがある。

 

生まれたときから洞窟の中に

縛り付けられた囚人がいる。

 

この囚人は手足を縛り付けられ、

身動きができず、

ただただ洞窟の壁に映った

影絵しか見ることができない。

 

 

この囚人の背後には明かりが灯されている。

 

 

明かりと囚人の間には

紙や木や石などで作った模型が掲げられており、

この模型が動くことで、囚人が見る影絵が動くのだ。

 

 

こうして囚人は、影絵を現実の世界として認識する。

 

 

また、囚人と同じ世界にいる人々も、

みな影絵をこの世の実体だと思って暮らしている。

 

もし、囚人たちが振り返って、

影絵を生み出している仕組みに気がついたらどうなるだろう?

 

 

外の世界の太陽の光を見た囚人は

あまりの眩しさに苦痛を思えるが、

その光を知ってしまったら、

洞窟に戻ることはできなくなる。

 

 

 

 

 

この例えは何を示しているだろう。 

 

わたしには、

この囚人はわたし自身に思えてならない。  

 

いまこそ、

模型の影絵に惑わされることなく、

知性によって、本当の真理を求めていきたいものだ。 

 

 

「今」を平面ではなく立体でみていく


 

 

では、知るということはどういうことなのか・・。

 

 

古神道の中に奥口という言葉がある。 

 

それは、例えば、

目の前の食べ物や人との縁は

たった今生じたのではなく、

その食べ物が育ち、自分の前に現れるまでの沢山の

想像を超える奇跡があったはずだ。 

 

そんな時間の奥行や、

エネルギーの奥行を見出していくことによって

わたし達は、

「何もないと思っていた

欠けていると思っていないところに

全てが揃っていたこと」を思いだす。 

 

ここにこうしているわたしは

いかにして存在するか

生まれる前からの奇跡

そして、生まれてからの奇跡

そして、わたしの「今」まさに身体の中で

起こっている臓器の動き

 

そこから、地球や宇宙の存在にまで

意識を飛ばすことができる。

 

ただ、そこにある石からも

宇宙の真理を求めることができる。

 

 

そう考えるだけで

全ての神秘に感謝が沸き上がってくる。 

 

「欠けているものを得ようとする生き方」から

「すべてがそろっていたことに感謝する生き方」へと

ずらしていく。

 

 

すると、

見えている世界の裏側には

見えていない世界が動いているんだと 

認識せざる得なくなる。

 

では、その自然の仕組みや法則とは

なんぞやということになる。 

 

 

そこに本当の学びがあるのではないかと

思っている。 

 

もちろん、わたしも

その道を一歩踏み出そうとしたばかりだ。 

 

何も知らないということ以外に

何も知らない(笑)

 

 

 

まとめ 


 

 

このブログでも度々触れているが、

様々な研究や実例から

わたし達の意識は

密接に繋がっていることが証明されている。 

 

わたし達は無意識下で繋がっているーあなたが変われば世界が変わるわけー

 

みんなで、洞窟の中で

現実はこんなもんだと

影絵だけを見るのはやめにしないかな? 

 

 

そろそろ、後ろを振り返って

本当の世界に向かって

歩きだしたいものだ。

 

あなたがそれに気づけば

隣の人もきっと気付いていくだろう。

 

眩しい美しい光の中を生きていこう。

 

 

常識を破る勇気が道をつくる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【みなさんの応援が励みになるます。ポチリと応援お願いいたします♡】


自己啓発ランキング

 

 

【LINE@お友達登録はこちら】

最新情報をお届けしてます♡

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

般若心経と量子力学が示す「無」の世界

日本の叡智ーこれからの時代に必要なことー

関連記事

  1. 「今」に集中 未来が変わる時間の概念とは!?

    はじめに &nb…

  2. 失敗を克服するための方法

    はじめに &…

  3. もう、誰の期待にも応えられない

    色々な人に必要とされることはうれしい &nbsp…

  4. 何を描きたいかは、描いてみないとわからない。

    はじめに ピ…

  5. 相反するものからの学び

    いいとか悪いとか好きとか嫌いとか…

  6. 「当たり前」という思考停止から抜け出そう

    はじめに …

  7. 本当の心地よさ、幸せを思い出す

    みなさん、ブログ見ていただいてありがとうございま…

  8. 上の如く下も然り

    こんにちは。アメナルミチの武島綾子です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP