般若心経と量子力学が示す「無」の世界

はじめに


 

量子力学は

原子や電子、素粒子などの

超ミクロな世界で学問で20世紀初期から生まれた。

 

今、わたし達の暮らしを支える携帯電話などの

あらゆる電子デバイスの数々は

この理論を元に生み出されたものだ。

 

 

そして仏教が開かれたのは

ブッダが生きていた紀元前500年ごろ。

 

ざっくりと2000年弱の時間の開きがある

この学問と宗教が

同じことを真理だと

示していることに驚きと感動を隠せない。

 

科学の世界と

宗教の世界は大きな円環を描いて

同じところに繋がろうとしている。

 

というよりも

科学の方が、やっと宇宙の真理を示していた

宗教の世界に追いついたのかもしれない。

 

「色即是空、空即是色」とは!?


 

 

仏教の最も基本的な経典である

「般若心経」の中にその一節はある。

 

「物質(色)はすなわち無(空)であり、

無はすなわち物質である」

というような意味になる。

 

これだけでは文字通り

何のことだかさっぱり訳が分からない。

 

 

サンスクリット語訳はこんな感じ

 

シャーリプトラよ 

この世においては 

物質的現象には実体がないのであり、

実体がないからこそ、

物質的現象で(あり得るので)ある。

 

実体がないといっても、

それは物質的現象を離れてはいない。

 

また、物質的現象は、

実体がないことを離れて

物質的現象であるのではない。」

(般若心経 岩波書店)

 

こんな風に説明を聞いても

なかなか理解に苦しむ概念だ。

 

 

量子力学が証明する「空」とは!?


 

 

 

量子学では

この世を構成するものは

原子、陽子、中性子、

素粒子という超ミクロの物質と分かっている。

 

それはただの粒であり波である。

 

 

では、その粒は何かといいうと

 

全ての物質の最小単位である原子核

 

 

 

その周りをまわっているのが電子

 

 

これがどれほど小さいミクロの世界かというと

 

人間の身体の細胞は

約60兆個。

 

それで、

それぞれの細胞もまた

約100兆個の原子でできている。

 

そのくらいミクロな世界の話

 

ちっちゃな、ちっちゃな原子のレベル

 

 

もし、原子核がバレーボールだとしたら、

その周りを周る電子はパチンコ玉

 

 

その間は、現実の距離に例えるなら、

80キロほどもある。

 

そして、その間は空っぽ 

 

つまり原子は

99.9999・・・・・%

何もない空間で出来ているということになる。

 

 

つまり、わたしたちの身体を構成している

99%は本当は何ないものだということになる。 

 

全ての物質、空間の真空も

同じミクロの構造になっているので

要するに、この世界は全て「無」で出来ている。 

 

それが、量子力学では証明されている。

 

 

では、

全ての物質を構成しているものが

「何もない」状態なのに

どうして現実に見え存在しているかといえば

ヘリコブターのプロペラが

電子として、軸を原子と例えると分かりやすい。

 

プロペラが回っていないときは

その間が何もないように見えるが

高速回転している時は

その間は見えない。

 

まわっていないときは

石を投げても通し越してしまうが

高速回転している時は

石は跳ね返ってくる。

 

 

わたしたちは何もない粒々に

自分の悩で作ったイメージをくっつけて

現実を見ているのだ。

 

つまり、現実は

悩が作った幻想であり、

わたしたちは悩で作ったイメージという現実を

スクリーンに映しだしてみているに過ぎない。 

 

となる。

 

 

上記の説明はこの記事と重複している。詳しくはこちら

 

目に見える現実の正体

 

 

わたし達はこの「自然の法則」に支配されている


 

 

人間は、

この量子の振る舞いが示す『自然界の法則』を、

曖昧にしか捉えようがない。

 

般若心経の世界や

人間の意識が及ばないミクロの世界で

繰り広げられる量子の物理法則は、

私たち人間が意識できる

物理法則とは全く異なっていて

 

 

天才物理学者のアインシュタインですら

『なぜそうなるのか?』と

いう疑問を抱いたままだった。

 

 

その本質を明確に理解しようと

悩み続ければ続けるほど

迷宮入りしてしまう学問だからだ。

 

 

この理解不能な量子力学だが、

万物の振る舞いを予測するという理論の

実用性においては相対性理論と双璧を為す程の

正確な科学となっている。

 

しかし、

わたし達を含める、

全ての物質も99%が「無」

である量子の集まりであり

この『自然界の法則』に間違いなく

支配されていることは、

もはや間違いないの事実なのだ。

 

 

受け入れる、受けいれない関係なく。 

 

 

 

 

 

まとめ


 

 

 

どんなに説明されても腑に堕ちない

この般若心経と

量子力学が説くこの「無」の世界。

 

しかし、

どんなに苦しい現状にいようとも、

思うようにいかない

現実の中にあったとしても

実際は、「無」であるものに、

自分がイメージを写し出している事を知れば

これからの生き方は変わってくるだろう。 

 

 

これまでの古典物理的な固定概念

常識、たくさんの思い込みが

あればあるほど

あなたが映し出す現実は、

あなたをそこに縛り付けるだろう。 

 

 

あなたが、

それらを手放せば手放すほど、

現実は軽やかに変化していく。

 

スピリチュアルでもない

宗教の世界だけの話でもない

これは揺るぎない『自然の法則』なのだ。 

 

現実は実体のないもの。

あるのは、わたし達の意識だけだ。 

 

この「無」の世界に何を映し出していこうか?

 

そろそろ、目を覚めしていこうか!

 

同時に存在する2つの世界

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【みなさんの応援が励みになるます。ポチリと応援お願いいたします♡】


自己啓発ランキング

 

 

【LINE@お友達登録はこちら】

最新情報をお届けしてます♡

友だち追加

 

スポンサーリンク

わたし達は無意識下で繋がっているーあなたが変われば世界が変わるわけー

本当の人生を創造するために

関連記事

  1. もう、誰の期待にも応えられない

    色々な人に必要とされることはうれしい &nbsp…

  2. 悩みとわたしは無関係

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  3. 無意識の力を使う

    みなさまこんばんは人生の可能性を生きる…

  4. 「今」をいきるー「今」に集中する

    はじめにこんな話がある。…

  5. 外には何もない

    みなさん、こんにちはアメナルミチの武島綾子です。…

  6. 悩みを解決するには

    はじめに  …

  7. 同時に存在する2つの世界

    はじめに近代の文化を土台を支えて…

  8. 時間は未来から過去に!?

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。コ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP