すべては自分から

 

 

「なぜ、ありのままの自分で

生きていくことができないのか」

 

 

わたしは

ずっとずっと

小さい時からそのことに

本当に疑問を感じていて 

 

 

 

保育士になった時

 

「ああ、もうこんな小さなうちから

ありのままの自分でいることが

許されていないんだ」と唖然とした。

 

それを

自分が保育士として

こども達に強いることも

つらかったし、

大きな葛藤があって

苦しかった。 

 

 

いつか、絶対に自分で保育園を創ろう 

そう心に誓ったのを覚えている。 

 

 

保育園を開園して

こども達のありのままの姿を受け止め

こども達からもたくさんの愛を受け取る中

 

 

わたしは完全にわたし自身が

癒されていることが分かった。

 

 

 

 

 

こども時代

 

かけてほしかったけど

誰にもかけてもらえなかった言葉 

 

上と下の関係ではない

大人やこどもの垣根を超えた関係

 

常識を超えて

ワイルドに遊ぶこと

 

裸足でかけまわり

並んで歩くお散歩ではなく

思い存分

道草を楽しめること

 

雨の日も外に飛び出し

大きな水たまりにジャンプすること

 

誰にも強いられることなく自由に

 

わたしのままで

 

 

その全ては、

わたしがこども時代に

許されなかったことでもあり

これまで勤めたどの保育園でも

許されていなかったこと。 

 

自分の中に鎮座する

常識や枠を

一つ一つほどきながら

 

「これは本当に大切なのか?」

「これは果たして重要なのか?」 

「常識ではなく、こども達にとってどうなのか?」

 

当たり前とされていることを

疑い、その一つ一つを

徹底的に吟味してきたと思う。 

 

 

 

アメナルミチでも

色々なことをやったけど

結局は

みんなみんな

 

 

「自分を生きましょうよ」

「もとの自分にもどっていこうよ」

 

その一点に通じるためのツールだった。

 

 

 

かつて鬱状態になった時

そして、

大切な大切な親友も従妹を自殺で亡くした時

 

「わたしがわたしでいられないこと」が

 

それが

こんなにもまでつらいことなのかと

散々思い知らされてきた。

 

 

そう、

わたしのやることは全て

その想いが土台であり

それ以上でもそれ以下でもない。 

 

 

そして

あんなに使命感を

もってやっていたことにも関わらず

 

これまでの全てが

わたし自身を縛っていた枠を壊し、

わたし自身を癒す過程だったこと

結局は全て自分のためだったことは

今ならよくわかる。

 

 

わたしは結局

何かのために

誰かのために働けるほど

成熟もしていなければ

出来た人間でもなく 

 

まだまだ未熟であるが上に

葛藤もし

抵抗も背負い 

未だ到達しない本当の

自分自身を思い出すために生きている。 

 

小さく見積もってきた

未だに認められないわたし自身や

わたしが持っている既にある

秘められた可能性に

ただただ

気付いていきたい

還っていきたいだけだ。

 

 

 

でも

そうやって

ガチンコで走ってきたからこそ

結果的に

いいも悪いも含めて

周りの人に影響を与えてきたことも分かる。

 

「役割」とか「使命」という言葉で

表現するならば

これがそういうことだろうと思う。

 

 

この世界はどこまで行っても

合わせ鏡

 

それは、スピリチャルな話でもなく

科学の世界だから。 

 

それが全て。 

 

周りを変えたければ

自分の集中して

自分を壊し、

本来の自分を

思い出していくしか道はないんだな。

 

人生とは

本当におもしろいな 

 

楽しいな 

 

どこを見ても

どこを切り取っても

全ては

自分の反映で

そこには自分しか映ってないんだもの。

 

 

アメナルミチを再び 

 

 

一切言い訳のできない世界に

これから

どんな場所があ創造できるか楽しみだなーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

アメナルミチへ

決めたら動く

関連記事

  1. 天地の生き方から学ぶー老子の言葉ー

    はじめに  何かやりたい…

  2. コミュニティーの力

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  3. 人間関係を改善し自分を成長させる

    はじめに多くの人の最大の…

  4. みんな、もっと泣ければいいのに

    先日、わたしの大好きな那覇にある末吉宮に…

  5. 何を描きたいかは、描いてみないとわからない。

    はじめに ピ…

  6. 着々と

    こんにちは、アメナルミチの武島綾子です。…

  7. やりたいこと、求めていることが必ず分かる方法

    はじめに  このままでは…

  8. 恐怖を乗り越える方法とは!?

    はじめに わたし達には、恐怖心が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP