何があっても大丈夫!

 

こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

 

毎朝、海にいくわたし

こども達もお休みの日は

朝からこども達と海で遊んでいます。

海に行っても

ベンチに座って話している人の話題は

コロナちゃんの話

すごいね、コロナちゃん

スーパーではトイレットペーパーが欠品

なんだか、ちょっと笑いもでる騒ぎですね。

 

それでふと

リーマンショックの時を思い出しました。

それは、まだ、長男が生まれたばかりのころ
リーマンショックに揺れる世界の中

わたしも不安に苛まれて

長男を寝かしつけながら

「とんでもない時代にこどもを産んでしまったかも」と

涙したことを

覚えています。

 

ああ、そんな時があったなーーと懐かしく思います。

そして、もう一つ思い出したことがあります。

それは、めちゃくちゃ楽しみにしていたイベントのこと

まだ、小さかった長男を連れて参加したのですが、

イベントの最中に長男がぐずって

楽しむどころか

イライラが爆発しそうになりながら

結局、泣く泣く途中で帰宅

その車の中で

怒りが爆発して

「母ちゃんは本当に楽しみにしてたのに!!」と

思い切り長男をなじりました。

大切な仕事の時、約束の時

こどもが熱を出して

いけなくなった

こんなことだって一度や二度ではありません。

子育てしてると

そういうことは日常茶飯事ですよね。

 

 

あの時わたしは

自分の小さな枠や

日常の些細な楽しみを

壊されるのが怖くて怖くて

それを壊されそうになった瞬間

いつも不安や恐れや怒りが

湧き出ていたんだなーと振り返って思います。

 

コロナちゃんのおかげで恐れや不安が渦巻いてる

それと同時に

こども達の学校が休校になって

仕事のこと

生活のこと

経済のこと

いろいろなことへの変化を

受け入れなければならない時

不安や恐れってなんなんでしょうね?

コロナにかかったらどうしよう!

経済が破綻したらどうしよう!

日本はどうなってしまうのか!

わたし達の暮らしは?

この世界の先行きは絶望的だ!

まあ、こんな感じでしょうか?

みんな命を守りたい

今の日常を守りたい

自分の小さな楽しみを奪われたくない。

その一心でわたし達はいつの間にか

今ではなく未来のことばかりに

思いをはせ不安や心配に心を支配されてしまう。

でも、現に今生きているし

食べ物も飲み物もあるし、

暖かい布団でも眠れるし

こども達は笑ってるし

今、この瞬間を味わうことなく

未来の不安や恐れに心奪われるのは

本当にもったない話です。

不安や恐れをやっぱり感じてしまうなら

無理にポジティブにいようとしないで

不安や恐れを感じきるのも必要だと思います。

わたしの場合、

そういう感情がぬぐえないときは

最悪の状況まで深く降りていって

前もって味わい尽くしたりもします。

そうすると

最終的には

「死」というキーワードに至りますが

「死」って

いつかは誰にでも平等にくることだし

いつかはその時を迎えるんだし

避けては通れないものだとわかります。

コロナじゃなくたって

明日わたし達は死んでしまうかもしれない。

コロナで死ぬ可能性の方が低いだろうと思います。

 

隣にいる人だって

明日、同じように隣にいるとは限らないし、

もし、明日死んでしまうと分かっていたら

きっと、今この瞬間

この世界にいる

素晴らしさの一つ一つを愛しく幸せに思い

味わい尽くそうとするのではないでしょうか?

どんな状況であっても

こんなに豊かでしあわせだったと

氣付けるかもしれません。

人生って

きっとそんな毎日の繰り返し。

その瞬間瞬間の思いこそが

未来を創造していることを

わたし達は決して忘れてはいけないと思います。

どう、あがいたって、

わたし達はどうせいつか死ぬんです。

そう考えると

学校が休みになって

こども達と過ごせる時間は

天からのギフトかもしれませんし、

それで仕事を休めるのは

頑張っている自分をしっかり休めせて

ゆっくりしろっていうことなのかもしれない。

どうしようもない状況に陥ったときは

人に頼ってもいいし、

助けを求めてもいいよ

それを学ぶ絶好のチャンスかもしれない。

全てが大したことないって感じられるし

ありがたく感じられます。

 

『ことばは沈黙に

光は闇に

生とは死のなかにあるものなれ』

ゲド戦記「影との戦い」より

 

自分が求めるものの

相反するものが起こったとき

そこにすでに全てが存在して

すでに全てがあったことに

本当に氣付き

感じきれるのかもしれませんね。

すでにあるものを再認識し

わたし達がいかにしあわせに囲まれているかを

改めて知るチャンスだと思います。

何があろうと大丈夫!!

わたし達は生きているし

どうせいつか平等に死ぬのだから

 

そして、どんなことがあろうと

人類は何度も立ち上がってきたのだから。

今、起こってることは

大したことではないし

免疫をつけていたら死ぬ病気でもなんっでもないわけだし

もう、この状況を面白おかしく楽しみ味わった方がいいはずです。

大きな意味では今の状況はギフト

いろいろな感情を味わい切って

今この瞬間の幸福に生きましょう。

コロナウイルスと共に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

【暖かな気持ちでチャンネル登録お願いします】

 

【3月6日の体験会は二名様ご予約可能です。
ご希望の方はお早目にお申込みくださいませ】

 

こどもがいても妥協なく「自分をいきる」

ママが自分を生きれば
こども達も自分を生きることができる。

ママが自分をいきていないのに
なぜ、こども達が翼を広げて
自分自身を生きることができるでしょうか・・。

ママが、自分を愛していないのに
こども達がどうして
自分を愛することができるでしょうか・・。

ママが常識や枠にとらわれて生きていて
どうしてこども達がその枠からでられでしょうか・・。

こども園の立ち上げから
アメナルミチの場作りへ

子育てをしながら
一貫して、そのテーマと
自分自身が向き合い続けてきた
武島綾子が送る渾身の塾です。

人生は、まったなしで進んでいきます。

目まぐるしく情報が行きかい
刻々と取り巻く状況も変化し
今まで大切にしていた価値観も
根底からひっくりかえる時代。

何があろうとびくともしない
自分の軸はあなたにあるでしょうか?

ママが自分の軸を強く持ち
何があろうと自分で0から1を生み出せることを
しっていることは、
こどもにとってもこの上ない財産となるでしょう。

この塾では
揺らがない自分の軸を作る、様々な法則・原理を学び
さらに、実際に小さなビジネスを立ち上げることで
自分が自分の人生を創造しているのだいうことを
体感していただきます。

塾の詳細はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/b0w4k

FBイベントページ

https://www.facebook.com/events/595642874610635/

まずは、体験会にぜひともお越しください。

体験会

2月21日(金)【満員御礼にて終了】
28日(金)【満員御礼】
3月6日(金)【残席2名様】
13時~15時  3000円
宜野湾市付近(人数が確定次第お知らせいたします)

【お申込みは下記のサイトより日程を選んでお申込みください】

https://tayori.com/form/ee0680c587d6019d6a52873caa9c2bfad3cb42bd

 

===子育て中のママ以外でもご参加可能です====

 

 

 

スポンサーリンク

コロナウイルスと共に

わたしの影と向き合う

関連記事

  1. もう、人間関係で悩まない

    はじめに 誰かが他の人の…

  2. 理解で終わる理解は無意味

    はじめに 思考の…

  3. 何を描きたいかは、描いてみないとわからない。

    はじめに ピ…

  4. 依存から自立へー時代の変化に沿う生き方

    はじめに わ…

  5. 現実を変える唯一の方法

    この世界は映し鏡 わたし達は目の前に鏡を置いて…

  6. 美しき時間

    みなさまこんにちはアメナルミチの武島綾子です。&nb…

  7. わたしの影と向き合う

    こんにちはアメナルミチの武島…

  8. やりたいこと、求めていることが必ず分かる方法

    はじめに  このままでは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP