現実化の仕組み なぜコロナが現象化したのか

 

みなさん、こんにちは

アメナルミチの武島綾子です。

 

 

今ままでと同じような暮らしが出来なくなって

なにか悶々としていらっしゃる方

こどもとのスローな時間を味わう方

 

色々な思いでそれぞれ過ごしていらっしゃることだと思います。

 

昨日は

これからの時代がどこに向かっていて

日本人の感覚がこれから本当に重要になっていくのでは

ないかということについてお話しました。

 

 

 

日本人がもともと持つ

自然と自分と境をもたない感性は

これからの時代にとって不可欠ではないかと

思ってやみません。

 

今日は現実って一体なに?

人生は自分自身が創造するっていうけど

どういうことなの?というところのお話をしてみました。

 

 

これまでの価値観


 

わたし達の社会は長い間

心と物質の世界は別のものだと思って生きてきました。

 

だから、科学は発展と遂げたし

ある意味では発展してきたようにも見えます。

 

デカルト(フランス生まれの哲学者)の

物心二元論(肉体と心は別)は西洋に広く

受け入れられ、

心は宗教・哲学が、モノ(肉体)は科学が

それぞれ請け負ってきました。

 

「物と心は別である」

この思想はこれまでの時代の

象徴的な価値観だとと思います。

 

ところが

その科学の世界においても

最終的には心の世界と分けて通ることはできず

結局は大きく周りまわって同じところに結びついています。

 

同時に存在する2つの世界


 

 

量子力学の分野で活躍した理論物理学者の

デビッド・ボームが1970年代に

「ホログラフィー宇宙モデル」の仮説を発表しました。

 

「この宇宙は二重構造になっており、

我々がよく知っている物質的な宇宙の背後に、

もう一つの目に見えない宇宙が存在する」 

 

 

「暗在系」(目に見えない世界)では、

明在系(目に見える世界)の

すべての物質、精神、時間、

空間などが全体としてたたみ込まれており、

分離不可だと。

 

それは例えるならば

わたし達が見るTV

 

TVの画面は、放送局から電波として

送られてきたのものが広大な空間に

「電磁波」ができ

それをアンテナで受信して画面が初めて映し出される。

 

TVの画面を「目に見える世界」

電波を「目に見えない世界」

この2つの世界は当然確実に存在して

対になっていることが分かります。

しかし、この2つの世界は決して切り離ませんよね。

 

 

この電波の中には

わたし達の個人の意識もさることながら

人類共通として流れる集団意識も

全て叩き込まれていると言われています。

 

羊と山羊の問題


 

面白い話があります。

 

 

超能力の実験で

超能力を信じている科学者が実験すると

超能力があるという結果となる

信じていない科学者が実験すると

超能力はないという結果になる

 

「羊と山羊の問題」と言われるこのも問題は

 

「羊」とは超能力を信じる科学者

「山羊」とは壊疑論者

いくら実験しても論争しても決着は

決してつきることはありません。

 

では、たとえば

1つの社会があって、

社会の全体が超能力を否定した社会だったとすれば

誰もその力を発揮することはできないし、

逆に誰しもが

超能力を信じる社会であれば

簡単にその力は発揮されるということになります。

 

これは

事実があるから

人の信念や常識があるのではなくて

信念や常識をもっていると

事実がそれに即してその信念、

常識通りになってしまうということだと思います。

 

 

現実はわたし達の内側を映し出している


 

現実は結局は個人レベルの意識

集団レベルの意識も映し出します。
 

この「目に見える世界」と

「目に見えない世界」の関係の上で

今目の前にある現実を見るならば

わたし達の思い、信念があるから

それが事象として現れているということが言えます。
 

同時にわたし達の奥底にある

わたし達が蓋をし続けてきた

恐れや不安や恐怖なども

そのまま事象として現れる世界

 

何かがあって恐れが引き出されたのではなく

もともと「恐れ」が内側にあるから

恐れる事象が起こったということになるということが言えるのです。
 

原点にかえる


日常に色々なことが巻き起こると

わたし達は

「自分が自分の人生を創造している」という原点から離れて

人のせいにしたり

外側び意識が向いてしまいます。
 

でも、いかなる時も

原点に立ち返って

自分と向き合い続けることを大切にしたいものです。
 

自分の人生を創造しているのも自分

大きく社会を創造しているのも

わたし達一人一人の意識。
 

みんなで素晴らしい人生

素晴らしい時代を創造していきたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE@お友達登録はこちら】

 

友だち追加

【暖かな気持ちでチャンネル登録お願いします】

 

スポンサーリンク

小さな変化が社会を変える

ずっと抱えていたもの

関連記事

  1. 象(カタチ)は消えても、決して消えない

    2019年10月…

  2. 嫌悪感・恐怖・怒り その中に入り込む

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。【…

  3. 自分の物語を生きる

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。今…

  4. 凸と凹がはまる場所

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

  5. ずっと抱えていたもの

    こんにちはアメナルミチの武島…

  6. 親子関係を乗り越える

    はじめに 自…

  7. かぐや姫の罪と罰とは!?

    はじめに &…

  8. 一番大切にしたいこと

    こんにちはアメナルミチの武島綾子です。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

武島綾子 Ayako Takeshima

 

 

アメナルミチ代表

 

 

徳島出身、沖縄県在中

 

9人家族の末娘

 

保育士10年

 

3人の子育てをしながら

 

野外保育園運営

 

コミュニティー運営を経て

 

主催イベントは150回を超える

 

人生のテーマは

 

 

「自分を生きること」

 

 

この一点から湧き上がる思いを形に

 

武島綾子のこれまで

 

アメナルミチのこれまで

LINE@はこちら

最新記事をお知らせします。

 

友だち追加

スポンサーリンク

<div class="fb-page" data-href="https://www.facebook.com/amenarumichi/" data-tabs="timeline" data-width="" data-height="" data-small-header="false" data-adapt-container-width="true" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true"><blockquote cite="https://www.facebook.com/amenarumichi/" class="fb-xfbml-parse-ignore"><a href="https://www.facebook.com/amenarumichi/">アメナルミチ</a></blockquote></div>
PAGE TOP